町田のごみを減らし、循環型社会を目指す市民活動のブログです
by oyamadagomimondai
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ミニ学習会「放射能ごみは、どうして危険なの?」のお知らせ

日時:7月2日(土)午後2時~4時
場所:町田リサイクル文化センター 研修室
  (町田バスセンターから市立室内プール行き「市立室内プール」下車)
参加費:無料(申し込みは不要です)


いまだに大量の放射能が放出される福島第一原発。
しかも原発は、
とても危険な放射能ごみを出しているとか…。
ただコワイというのではなく、なぜコワイなのか、
正しく学び、考えることが必要なのではないでしょうか。

放射能ごみって何?
どうして放射能ごみは危険なの?
放射能ごみと普通のごみはどう違うの?
放射能ごみはどのように処理されているの?
町田市下小山田在住の物理学者・広瀬立成先生に
基礎からわかりやすく教えていただきます。

広瀬先生は、
ごみの削減と資源化を進める
「町田発・ゼロ・ウェイストの会」理事長です。
肩書きはいかめしいのですが、とても気さくな先生です。
お気軽にご参加ください。

講師: NPO法人「町田発・ゼロ・ウェイストの会」 理事長 広瀬立成
(東京工業大学大学院物理学専攻修了。理学博士号取得。東京大学原子核研究所、ハイデルベルク大学を経て、東京都立大学理学部教授、早稲田大学理工学術院総合研究所教授を歴任。現在、東京都立大学名誉教授。専門は原子、原子核、素粒子の実験的研究)

主催:小山田ごみ問題を考える会、NPO法人 「町田発・ゼロ・ウェイストの会」
[PR]
# by oyamadagomimondai | 2011-06-06 22:00 | 学習会

小山田桜台で「第3回移動リサイクル広場」、大好評!

a0211461_13431299.jpg

2011年5月14日(土)小山田桜台センター商店街アーケードにて「第3回移動リサイクル広場」を開催しました。(10:00~15:00)
3回目となる小山田桜台でのリサイクル広場はお天気も良く、176人もの方が来てくださいました。今回はインクカートリッジの回収も加わり9品目の資源化回収を取り組むことができました。回収品目と回収量は下の表の通りです。
・陶磁器ガラス 185㎏
・家庭金物 50.5㎏
・ビデオテープ 79㎏
・紙容器 5.2㎏
・計量スプーン 2㎏
・ペットボトルの蓋 14㎏
・パンの留め具 1㎏
・廃食油 26ℓ
・インクカートリッジ 2.5kg
・来場者176人

★参加者の方からのおもな感想です。
 ・常設のリサイクル広場は車が無いと行けないので移動広場はとても助かる。
 ・リサイクル広場を楽しみにしています、くるくるコーナーが好き。
 ・今度はいつやるの?定期的にやってほしい。
 ・他の地域団体のイベントと同時開催はできないか。

ご利用いただいたたくさんの皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!!
次回は10月頃を予定にしております。これからも地域での恒例行事として皆さんに浸透していけるよう取り組みを続けていきたいと思います。
[PR]
# by oyamadagomimondai | 2011-05-30 13:44 | 移動リサイクル広場